明照幼稚園

収穫シーズンイン

6月 20th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (収穫シーズンイン はコメントを受け付けていません。)
 今年も野菜の収穫が始まっています。すでに年少さんは結構な量のキュウリを手に入れ、「チクッとして痛い!」とか自然と直接関わる経験をしています。
 今日は、お御堂参りのあとで、年長さんがナスの収穫をするのを見守りました。思惑としては「お泊まり会で食べようね」なのですが、すでに熟した実がたくさんできています。ナスもまた、ヘタにトゲがあるんですよね…何気なく手を伸ばす子を見ると、ちょっとドキドキします。
 ナスを生で食べる機会、幼児に多くはないだろうと思います。「浅漬け」にはしていますが、今後どのような出し方をするのか、先生方も思案中のようです…ぬか漬けって難しいのかな?
 枝豆も実が付き、膨らんできました。食べ頃を迎えたら、一気に収穫〜茹でて〜食べたいと思います。
 年中さんのサツマイモですが、だいぶ元気に葉と茎を伸ばし始めました。出始めると勢いが凄いですし、収穫後も縄跳びにして遊んだりもできます…けれど「時間がかかる」もの。それに付き合うのが、大切な経験だと思います、野菜について。
 ちなみに今日は「浄称堂の傷薬」として紹介されている話をしたのですが、出典不明です。和尚さんとカッパのやりとりなのですが、和尚さんがキッチリした方で、「その薬が本当に効くのか、自分の身体で試してみなさい」とか、「心は優しいけれど抑える点は厳しい」感じ。「坊さんとは、自分の価値観だけではないく、仏教を学んで実践している故に信頼され尊ばれる」のだろうな…と身につまされたり自省の念を生じたりします。

採れ始めました

6月 11th, 2015 | Posted by Sato in 日々の姿 - (採れ始めました はコメントを受け付けていません。)
kyuuri 先週あたりから、畑の収穫が始まっています。まずはキュウリ。毎日何本か、というペースで採れています。茎から切り取る時には汁が飛びますし、不用意に握るとトゲが刺さります。野菜だって自分を守らなければなりませんからね。
 収穫(まで)の困難を知ってか知らずか、キュウリを手にした子達は結構誇らしげです。スーパーに並んでいたものとは、「手に入れた!」のストーリーが異なるのです。そして、それを共有しているから、周りの子も「食べてみようかな」に傾くのだろうと思います。放課後など、どうぞ一緒に観察してみて下さいね。
 なお、特にトマトは水をあげすぎると根ぐさりしたり甘みが落ちます。もともと乾燥地帯の植物だから、とのこと。「水のやりすぎは初心者が失敗しがちです」とネットでも書かれていますが、子どもなので全員が初心者。「大人の知恵」で導いてあげて下さいね。