明照幼稚園

いろんな花が

7月 17th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (いろんな花が はコメントを受け付けていません。)
 年長さんの育てている朝顔が咲き始めました。実は今年の種の仕入れ、園長が行ったのですが…種苗会社の「きちんとした」ものだと、結構お高いのですね。7粒で150円位とか、知りませんでした。
 そこで一計を案じ、ネットのオークションを使ってみました。ニッチな、というか市場とは若干異なる品物の流通があるからです。まぁ、いろいろとあるものですね。趣味で栽培して「自家採取です」という方の多いこと。どんな花が咲くのか、写真を付けて下さったり…愛好家なんだなぁ、と感じる方から仕入れました。
 そんなことで、例年以上に「ミックス・混合度合い」が高くなっています。花の色や形・模様。蔓が長く伸びるものもあれば、短く直立しても花が咲いているものもあります。
 子ども達もなるべく混ぜて植えたと思うのですけれど、「同じ種が4本かな?」という子もいるようです。また、面白いのは、「同じ種であれば、他に植わっていても一緒に咲く」ことです。「どの子も花も、一緒に咲く」ことはないのですが(今日で持ち帰りです)、「いろんな花があるんだね」ということは観察できると思います。
 ということは…種が採れたとしたら、来年はどんな花になるのでしょうね?同じなのでしょうか?それとも「近くに植えてあった花」の影響があるのでしょうか…
 娘の通っていた小学校では、「1年生は、2年生から朝顔の種を受け継ぐ」という行事がありました。2年生の時は、「無くさないように!」と懸命に保管していたのを思い出します。

収穫シーズンイン

6月 20th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (収穫シーズンイン はコメントを受け付けていません。)
 今年も野菜の収穫が始まっています。すでに年少さんは結構な量のキュウリを手に入れ、「チクッとして痛い!」とか自然と直接関わる経験をしています。
 今日は、お御堂参りのあとで、年長さんがナスの収穫をするのを見守りました。思惑としては「お泊まり会で食べようね」なのですが、すでに熟した実がたくさんできています。ナスもまた、ヘタにトゲがあるんですよね…何気なく手を伸ばす子を見ると、ちょっとドキドキします。
 ナスを生で食べる機会、幼児に多くはないだろうと思います。「浅漬け」にはしていますが、今後どのような出し方をするのか、先生方も思案中のようです…ぬか漬けって難しいのかな?
 枝豆も実が付き、膨らんできました。食べ頃を迎えたら、一気に収穫〜茹でて〜食べたいと思います。
 年中さんのサツマイモですが、だいぶ元気に葉と茎を伸ばし始めました。出始めると勢いが凄いですし、収穫後も縄跳びにして遊んだりもできます…けれど「時間がかかる」もの。それに付き合うのが、大切な経験だと思います、野菜について。
 ちなみに今日は「浄称堂の傷薬」として紹介されている話をしたのですが、出典不明です。和尚さんとカッパのやりとりなのですが、和尚さんがキッチリした方で、「その薬が本当に効くのか、自分の身体で試してみなさい」とか、「心は優しいけれど抑える点は厳しい」感じ。「坊さんとは、自分の価値観だけではないく、仏教を学んで実践している故に信頼され尊ばれる」のだろうな…と身につまされたり自省の念を生じたりします。