明照幼稚園

考える姿

6月 4th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 行事 - (考える姿 はコメントを受け付けていません。)
 今日は「時の記念日の集い」。実際には10日なのでかなり前倒しなのですけれども、諸般の事情で…行いました。
 昨年度の「ねはん会」で好評だったこともあり、「幼稚園内にある、大きな時計を集めてスライドを作ろう」と考え、あちこち見て廻りました。今日はお御堂参りもあり、結構バタバタとした製作だったのですけれど、何とか間に合わせることができました。
 原理は「お花探し」と同じで「この時計、どこにあるかな?」というものなのですが、子ども達には「指先ビーム」で「あっちにあるよ!」を示してもらいました。
 その中でも一番難しかったのが「旧園舎の柱時計」です。たんぽぽぐみに通っていた子であれば目にしていたであろう、とは(うっすらと)思うのですが、年長さんは多くが知っていたものの、年少さんで知っている子は少数派でした。
 そこでは「柱時計」という名前で教えたのですが、これがのちのち「考える」きっかけになりました。
 司会の先生が「日本で初めての時計(漏刻)は、こんなに大きかったのです」とか紹介してくれて、全体の振り返りをしていった時のことです。
 例の「柱時計」…を言おうとしたら、子ども達から「ふるどけい!」という声があがりました。先生「うーん、もうちょっと…」 C「大きなふるどけい!」 T「あー…(柱時計なんだけど…)」 C「大きなノッポのふるどけい!」とまで行ったかは定かに覚えていないのですが、子ども達にとって「アレ」は「大きなノッポの古時計」なのですね。
 思えば、時計の分類はかなり実利的というか機能的というか、素っ気ないですね。「腕」「柱」「壁かけ」「目覚まし」「懐中」など。物語がないので、子ども達にはつまらないのかも知れません。
 しかし、子ども達の考えは面白いですね。知っている「大きなノッポのふるどけい」という言葉から、名前を想像していったのですから。「持っている材料から考える」。当たり前のことですが、「材料を与えないで考えよと言っても仕方ない」ものです。私も時々やってしまいます…「自分で考えなさい!」と言いつつ「反省しろ!しおらしくしておれ!」としか意味のない発言を…。
 「考えるためには、材料を集めてから」。両方を合わせて「考える」と呼ぶのかも知れませんが、持っている材料の差が大きい時には、特に気をつけねばなりませんね。

時間と約束は似ている

6月 10th, 2015 | Posted by Sato in 行事 - (時間と約束は似ている はコメントを受け付けていません。)
昭和32年の時計。約60年前ですね。

昭和32年の時計。約60年前ですね。

 時の記念日の集いを行いました。園だよりにも書きましたが、祝日ではなく、大正時代の価値観の反映で作られた記念日です。当時の「文化的な生活をしましょう運動」の一環なのですが、これは確かに今にも通じる価値観だと思います。
 時間を守ろう。時計があるといいね。もちろん、時計メーカーとかいろんな思惑はあるのでしょうけれど、これほどまでに時間を守ろうとするのは、恐らくそれが「約束」と親和性が高いからではないかと思います。
 人と人が関わりを持つとき、それが広がるにつれ、当然「一緒に住んでいない、近くにいない」人との繋がりが増えていきます。すると、共通している事柄=時間=を頼りに、人たちは集まるようになったのでしょう。子ども達が見たスライドではありませんが、「朝おきて、ご飯を食べたら幼稚園」といったストーリーだけでなく、「9時から幼稚園に登園」としたほうが、具体的に活動ができるということです。ですので、「時間を大切に・時間を守ろう」というのは、「人との約束や関係を大切に・人との約束や関係を守ろう」という価値観の、具体的な表現であると思うのです。
 ちょうどその反証として、「携帯電話の普及で、約束とか集合を守らなくなった」ということが言えると思います。以前は「何としても行かなければ」というのが、「電話一本入れておけばいいや」になっていること、多いのではないでしょうか。それが相手への誠実さとか約束したことへの責任とかに繋がっているような気がするのです。
 いつだったか、「子どもとの約束は、大人も縛られる」と書いたことがあった気がするのですが、それと同じ位置にあるのが「時間」というもののような気がします。
 ともあれ、子ども達はいま、時計に興味を持っているはずです。パッと見て分かるようになるには、相当経験数を積まなければならないでしょうけれど、話題とするには、多分いいタイミングです。