明照幼稚園

拭く・磨く

7月 19th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 行事 - (拭く・磨く はコメントを受け付けていません。)
 今日は1学期の「お荷物整理」です。つまり、年少さんにとっては「初めての大掃除」ということに。現代ではなかなか「自分の家の大掃除を手伝った」「引っ越しを手伝った」という経験、しないだろうと思うのですが、この「大掃除」について他国の人に話すと「そうそう、日本は、子ども達が自分の教室とかを掃除するんだってね。凄いね」と言われます…世界的には珍しいのでしょう。
 もちろん「最後まで」とか「全部を」は難しいです。けれど、子ども達は「お仕事」が案外好きです。「大人と同じ」ことが好きです。
 「はーい、ここに砂が残っていますよ−。よく見て確かめてくださーい」とか「あ、ここに埃がある!」とか、いろんなやり取りも聞こえます。「今日は私達、お掃除名人なの!」と、嬉しそうに言ってきた子もいました。
 園長としては「拭く・磨くという動作、日常のどんな所にあるだろうか…」と、ボンヤリ考えたりしました。私はカメラのレンズ(正確にはフィルター)をよく拭き、(着物の時は)襟をしょっちゅう直し、車やバイクを洗車して磨き、時々は食器を洗って拭きます。
 「磨く」というのは、汚れを落とすだけではなく、光らせるという要素があるように思います。ピカピカにするという感じ。でも、食器は「磨く」とは言わない気がします。お椀とか。靴は「磨く」ですから金属とも限りません。歯磨きとは言いますが、「歯を拭く」は変です。うーん、「男を磨く」は…言いますね…。英語では「become more manly」って言うらしい…?です。
 ともあれ、今年の年末には子ども達に「○き磨き」をしてもらい、お持ち帰りができると思います。だいぶ先のことですが、どうぞお楽しみに。
 そして、1学期、みんなの生活を支えてくれた道具や部屋に感謝する、その趣旨を先生達がちゃんと伝えています。家庭ではなかなか区切りが付きにくいかも知れませんが、何かの折には。