明照幼稚園

商店街がやって来た

7月 25th, 2018 | Posted by Sato in 行事 - (商店街がやって来た はコメントを受け付けていません。)
 今年も、竹早教員保育士養成所の学生さんたちが、幼稚園を舞台に「おみせやさんごっこ」を開催してくれました。もう5・6年になるでしょうか。ひと学年全体、約120名で子ども達を楽しませに来てくれます。もともとは、幼稚園で在職している先生が「専門学校の先生から、こういう提案があったんですけれど…」というのが発端でした。いくつかの課題もありましたが、回数を重ねて行く中で考え・調整し、解決しながら続けてくることができました。
 最初は入替もなく、ポスターもなく、BGMもありませんでした。個数だって「何個作ればいいでしょうか?」「はっきり分かりません」というやり取りで始まっていたのです。
 それが、年を重ねる・回数を重ねることでいろいろと解決され、進歩して(また次の段階の問題がみつかり)きたのだと思います。
 幼稚園の「おかいものごっこ」は、年少さんから3回を経験することができます。けれど彼ら彼女らは1回限り。体験している時間は、子ども達よりはるかに短いのです。でも、その中で何らかの成果を出さなきゃならない。「子どもにとって、どんな意味のある時間であったのか?」を見つけなければならない。
 イベントではあるのですが、「ある種の実習」でもあると思います。どうやったら子ども達が寄ってくれるか?楽しめるのか?どんな経験をしているのだろうか?「楽しかった?」はもちろん大切ですが、それだけに留まらないのが、専門家として持つべき目だと思います。
 きっと準備を進める中で、「こうすると良いわよ、去年はこんな感じだったわ、今までにこんな種類があったの。先輩は、この辺りを工夫していたわね」といったアドバイスが沢山あったのだろうと思います。それを受けて…多分、自分たちで考えて、自分達のお店を出したのだろうと思います。
 そうして、やっているその時、その現場で「ああ、こういうことか!」「どういうことだろう?」という発見があったのではないかと思います。それがまた、次年度に生きていく…。
 幼稚園の「お買い物ごっこ」も、長年の経験と先生達の閃きをもって、毎年の活動が決まっていきます。子ども達のように「初めての時は不安で分からないけれど、2回目は自信満々!」というほど身軽でもありませんが、「去年、こうだったんですよね…」をテコに考えていけるのは、結構ワクワクする、楽しいことだと思います。
 彼女ら彼らも、来年には保育の専門家として、子どもの前に立つのでしょう。初心を大切に、けれど「初心から得た物」も大切に、次に活かしていったほしいと思います。