ターゲット

 年少さん、今年も玉入れをやっています。総練習でも「それなり」の得点となりましたが、やはり小さい子です、「集めて満足」「握って満足」という子もいて、先生方の応援のボルテージもかなり高くなっていました。
 そんな中、先生方はいろいろな表現で「目指すこと」を伝え、一生懸命練習していました。あるクラスでは壁にターゲットを貼っていました。「子ども達にとっては相当高い的なので、上に投げる意識を持って欲しくて…」とのこと。よく分かります。そして判定と評価をするので大忙し。
 ウチの運動会は「昔ながら」の競技が多いですが、悪くないな〜と思っているのです。見ている誰もが競技を理解し、シンプルに応援できる。勝ち負けはあるけれど、引きずらない。「昔っぽいですね」と言われる事もありますが、「そうですが、何か?」という感じです。