自分を語る


 今日は、お遊戯会明けですけれど、「当日には壇上に登れなかったけれど、今日は来られた」子もいて、「じゃ、もう一回だけミニお遊戯会をやろう」という話が出たようです。確かに年長組にとっては、最後の大行事。少し後悔は残るでしょうけれど、思いを遂げさせてあげたい。そう思って「分かりました、園長先生、見に行かせていただきます」となりました。
 実際のところ「本番を終えた」というのは、もう「ピークは越えた」ということです。最高の出来映え…にはなりません。しかし、「今日は来られた」子達の、その事情も知っておりますので「分かりました」と答えたのです。
 ちょうど卒園記念品に使う写真を撮りに来てくれたお兄さんと、二人だけの観客。そこに向かって、子どもたちは堂々と曲を演奏してくれました。本番の日というのは、カメラマンは勿論、私も照明係で結構ピリピリとしておりますので、一人ひとりの表情や仕草もゆっくり見ながら、聞かせてもらいました。
 そして自然と思ったのです。「この曲を選んだ先生の、その思いや願いを子どもに聞かせたい」と。もちろん下打ち合わせはなかったのですが、二人の担任それぞれの思いを語ってくれました。生の気持ちを言葉にしていますから、子どもたちがどれだけ「ピンときた」かは分かりません。けれど、彼女たちが人生かけて「私が今まで生きてきて、これが大事!」という事を伝えてくれました。保育者が参考にする本の「お便りの書き方」とかには、「アイメッセージを書きましょう。説明だけでなく、担任の気持ちや願いを書いてみましょう」とありますけれど、それの最たるものだったと思います。
 そう…今から思い返せば、子どもたちにやはり何某かは伝わっていたと思います。「うん、先生いつも言ってるもの」と、子どもが返していましたから。
 これだけしっかりした絆を持っている子どもたち、そして担任たち。解散していく日が近づいてきていますが、日々を楽しみ、人生を楽しんでほしいと思います。