ウキウキのコンサート

 はい、正しくは「春の歌声コンサート」でした。でも、振り返ってみて「ウキウキ気分でコンサート」だったなぁ…と感じるのです。お越し頂いたのは中村和枝さん(Pf)、村田厚生さん(Tb)。もう安定のデュオといったところです。お二方ともバッキバキのプロ音楽家なのですが…むしろ「であるゆえに」、子ども達を惹きつける力が物凄いことを感じます。
 恐らく、言葉で話すのと同じ位の気軽さ、というか自然さをもって、音楽を奏でているのだろうと思います。言葉というのも、実はノンバーバル=辞書的意味以外の「使われ方」=が大きなメッセージになっていると言われます。
 「どんな?」と言葉で問われれば、語彙の少ない幼児には表現が難しいかも知れませんが、曲を聴いたり指使い・腕使いを見たり、パイプホルンに触れたりしている彼らは、好奇心一杯でワクワク・ウキウキ。「本能が満たされているとは、これか〜」と思うほどの楽しさを感じているようです。
 vimeoにて動画を公開しております。コドモンでリンクを通知しておりますので、どうぞご覧下さい。