道具も手先も器用さで

saru
 年少さん、今日は「きりがみあそび」をやっていました。茶色の紙を長く切って、お猿さんの尻尾にして貼り付ける活動です。いろんな取り組み方があるのですが、今日は「はさみで真っ直ぐ切る」という活動にしたようです。手の動きとしては「グーパーグーパー」と言いながら動かすと切れていくのですが、年度によっては「指でちぎる」という活動にして、握って捻って引っ張って…と、手の動きが違うのです。その時々の子どもの様子に合わせ、教材は同じでも活動のテーマは変わっています。できあがるのは「お猿さんの絵」でも、その登山路というか経路が違うのです。
 今時はボタンを押したり画面をスライドしたり、「ユニバーサルデザイン」の名の下、単純な操作で物事が出来るなっています。そんな中だからこそ、意識敵に指の色んな使い方を指導する。そのことで脳みそが刺激されるというのですから、疎かにはできません。
 大人であれば「便利」はかなり重要な価値観です。でも多分、子どもについては「それ以上に考えるべき価値観」があると思うのです。