再開準備

 幼稚園では、来週の入園式・始業式を皮切りに、再開への準備を始めています。ようやく日の目を見ることができる「入園式」の看板。部屋の中で距離を意識できるようにする表示。登園に向けての準備は、ワクワクするものですね。
 「登園してからの手順」の見直しも行いました。今までは「クラスへ行ったら、まずおはようブックにシールを貼る」だったのを変えて、「まず手洗いと消毒をする」に改めます。それによる不便さや不慣れなこともあるでしょうけれど、「新しい日常」として徐々に習慣づけていきたいと考えています。試験的な面もありますが、手洗いせっけんも固形から液体にしてみました。子ども達がどう使えるようになるかは暫く見ていかないと、と思います。
 また、すでに巷間言われておりますが、「暑さ対策とマスクの関係」も悩ましい所です。「エアコンをかけつつも、換気を確保する」とか「屋外で2m以上の距離が確保できる場合はマスクを外して休憩を」「こまめに水分補給しましょう」…とあって、充分納得できることなのですが、現場では具体的な判断が求められるので、上手くやっていくのは、なかなか難しそうです。
 この臨時休園の間、先生方にはそれぞれ研修をしていただきましたが、その中にも「園で取り組むべき暑さ対策」という講座があって、まとめを全員で共有していきます。「2018年の暑さは”災害級だった”」と言われますが、せめて”ダブルパンチ”では来ないで欲しい…と思います。