年少さんの活躍

 活躍、というか成長ということなのでしょうけれど…。
 今朝、園庭を歩いていると年少さんが小さなグループで行動しているのが見えました。もちろん偶々かも知れませんが、1人ずつでもなく、先生に手を引かれているのでもない。自分の興味に従って、小さなグループで手を繋いで動いている。「いい姿だなぁ。これは変化だなぁ」と感じました。
 また、たんぽぽ組では、何人かがお手伝いに(?)来てくれたようです。「教えてあげてね」の先生の声に促され、「私たちはこうだけど?」などとも言いながら、できること・知っていることは積極的にお手伝いしてくれたようです。
 全園的に、「冬休みがあけたけれど、余り長い休みを引きずらないで始まった」「子ども達の表情が引き締まった感じがする」などの成長を感じています。保護者の方々がきちんと生活を見て下さっていたお陰と存じます。
 入園当初は「1人遊びを近くでやっている」感じもしたものですが、今では「友だちのつながり」ができているのですね。大変嬉しいことです。