子どもと作る

 年中組さんの劇練習が始まっています。期間がゆったり取れることもあって、「子ども達が手を出せる部分を、なるべく多く取りたい」と、例年にない工夫を行っているようです。
 サムネイルの写真は「せりふカード」で、それぞれ自分のセリフが書かれています。「あなた専用の、特別なもの」として、責任感をもって取り組んでほしいとのこと。そして、「自分でセリフを決める」所もあるようで、一人一人その場で主体的に言うことを求められます。
 お隣のクラスでは、みんなで揃った台本を作ったようです。みんなが劇全体の流れを意識できるように、そして「同じ劇をみんなで作るんだ」という象徴として。
 その他にも、立ち位置とか出入りとか、子ども達が相談して色々と組み立てているようです。先生は「こうするとセリフの時に目立つよ」「遠くの人に物語が届くように狙ってね」など、仕上げ的なアドバイスをしているようです。さて、どうなりますか。楽しみです。