年長を見る


 今日は年長さんが発表会のリハーサル。お揃いのリボンをつけて舞台に上がりました。そして、それを見学したのは年中組一クラス。座席はやっぱりディスタンス確保の上ですし、舞台上も「同じ向き・マスク着用」でした。
 歌はないので合奏が中心です。普段の幼稚園とは異なったテイストの曲にも挑戦し、周りの音をよく聴きながら合わせようとする姿が見られました。そして、年中さんは真剣な・迫力ある演奏に聞き入っていました。
 ハンドベルの合奏があり、最後は手話の歌です。「ああ、声を出せない状況でも、伝えられる歌があるんだなぁ」ということを改めて思いました。DVDになった時は、ぜひ歌詞テロップを入れて欲しいなと思いました。
 全てが終わって、年中さんも大いに拍手。自分たちとの差を、何か感じたような気がします。それを素直に認めて称賛する。「来年は、僕たちも、ああなるんだ」という思いは引き継げたのではないかと思います。