虫が出てきた


 インドでは、「外出禁止になって、空気がキレイになり、星空が見えるようになった」とのことですが、幼稚園内でも「人がいないゆえ」の変化が見られます。
 今日、たまたま屋上へあがったら、大きな水たまりができていました。例年ですと、年長さんが朝顔の鉢を並べるあたりです。原因は…排水溝の詰まりでした。詰まり自体は毎年のことなのですが、誰かがあがって「屋上に水たまりができています!」と教えてもらって、生えている草を取り除く…というプロセスが、今年はないわけです。自分で特に昨日は大雨でしたから「点検しよう」と考えてもよかったはずですが、何となく「東京スカイツリーが見たいな」と思って登って発見したのでした。
 掃除をして、水の引いていく様子を見ていたら、「アメンボがいるじゃないか」と気づきました。水面にいることの多い虫ですが、実は立派な羽があって、飛ぶことができるのです。どこから飛んできたかは分かりませんが、屋上の水たまりにも住むことがあるのですね、知らなかった。残念ながら彼らにとって次の安住の地がどこなのかは分かりませんが、何とか生きていってくれることでしょう。
 あと、サムネイル画像アゲハチョウです。花がないのか、なかなか止まることがありませんでした。スリムですね。