伝染する

 今日は2学期の終業式を行いました(写真は、その後の園庭遊びです)。2学期の振り返りをして、お正月にふれ、「お休みの間の生活」についてお話したのち、各学年から一曲ずつ歌を唄って貰いました。
 年少組は「きのこ」。これ、上級生たちも知っている歌ですので、何人もが一緒に踊っていました。
 年中組は「人間っていいな」。これも歌える子が多いですね。そして、曲に乗って何人かの年少さんが手拍子していました。
 年長組は「あしたははれる」。NHKでよくかかっていた曲です。調子がよいこと、とても迫力があったことで、かなりの手拍子が起きていました。
 その姿を見て、私は思いました。「年長さんが最初の歌で気持ちを寄せたことで、それが巡って戻ってきたのかな?」と。
 2学期はクラス単位で行う事が多いのですが、いろんな経験を通じて、園自体も一体感が高まっているような気がします。引っ張っているのはやはり年長組。存在感が大きいな、と感心します。
 式が終わってから、寸暇を惜しむような園庭遊び(と言っても結構時間をとることができ…るようになりました)も、定着してきました。園長とても喜んでおります。
 そうそう、今日のタイトルは「伝染する」ですが、伝染病などの流行、今学期は全くと言ってよいほど、ありませんでした。ひとえにご家庭のご協力の賜物と感謝しております。子ども達やご家族の、日々の健康管理。どうもありがとうございました。