年長ならでは

 先週の姫リンゴに引き続き、今日は「オシロイバナ」の種を見つけた子ども達。早速集めて…遊んでいました。それもかなり正統派です!先生がリードしてくれたようなのですが、外の殻を石で割り、中身の皮をむいて「おしろい粉」を出して集めています。
 今まで(例年)、「集めて遊ぶ」子がいるは知っていたのですが、ここまで「きちんと」遊んでいるのは初めて見ました。写真を撮ったその後、どうしたか…分かりませんが、先生に聞いてみようと思います。


 そして、調べてみたら「花をパラシュートにする」「毛糸を染める」などで遊べるようです。ただし!「毒がある」とも書かれていますから、飲んだり食べたりしないように、また遊んだら手を洗いましょうね。
 園内では「運動会の印象画」を描いている学年が多かったですが、年長さんの部屋に体操着が上下一組、置かれていました。時々見に来る子がいます。「どうしたの?」と尋ねると、「本物に忠実に描きたいようで、見本として出しています」とのこと。出来上がった絵を見ていると、確かに「体操服をリアルに描いている」子が何人もいました。他の学年と比べると、使っている色の多さも一目瞭然。華やかでさえあります。

 正統派にしろ、忠実派にしろ、「探究心」という共通点があるのかな…と感じました。「年長ならでは。」言葉にすれば一言ですが、傍から見ていてもワクワクする成長を遂げているようです。