お弁当始まり

年中さんと年長さんのお弁当は既に始まっていたのですが、幼稚園全体でのお弁当が始まりました。小学校では「全員が同じ方向を向いて、先生が配膳する」といった工夫がされていますが、ご存知のように幼稚園の机は「4人で使う」のが基本です。また、食育という観点からも「食事中のお喋りも、食べることの楽しみの一つ」ですから、なかなかハードルが高くなります。

 月曜日にお配りしたお手紙でもお伝えしましたが、「幼稚園としては、これだけの対応をします。ご承知おきください」というのが精一杯か…と考えています。「幼稚園の水際対策」でも書きましたが、「園内で三密を避ける工夫」というのは限界があり、「園内に持ち込まないための対策」を重視して行かざるを得ないと考えています。

 文京区からの通知としても、「通常の活動については1mを目安に最大限間隔を開ける」「感染リスクのある活動については、十分な対策をとった上で実施」となっています。「感染リスクのある活動」としては「グループや少人数による話し合い・学び合いなどの活動・体育における身体接触を伴う活動・歌唱の活動やリコーダー、鍵盤ハーモニカ及び管楽器等を用いる活動」が挙げられています。
マスクの扱いについても、「食事や運動時・十分な距離が確保できる時・熱中症などの健康被害が予想される場合など」はマスクの着用をしなくてもよい、となりました(6月24日改訂)。

ですので、改めて「水際対策」が大切だと考えます。子ども・お母さんのみならず、ご家族で体調を崩した方がある場合は幼稚園へお伝えください。よろしくお願いします。