陽気に誘われて

 今日も暖かくなりました。午前中の澄んだ光の中、たくさんの子ども達が園庭で遊んでいました。一番密度が高いのは、小さい池ですね。年長さんも年中さんも、頭をくっつけ合うようにして覗き込んでいました。例年よりは少なめですが、オタマジャクシが元気に泳いでおり、手で捕まえる子もいれば容器を工夫する子もいて、プリンの容器が真っ黒になるほど捕まえた子もいました。
 ご本堂の前は陽当たりがよく、南向きでとても快適です。園長と日向ぼっこをしながら蟻をじっと見ている子。蟻の巣の入口を指で塞いでみる園長(笑)。久しぶりにじっくり蟻を見て、指の上を歩く感触(少しくすぐったい)を味わいました。
 園庭では鯉幟が泳いでいます。見ていると思わず「おおきーいーまごいーはー」と歌い出す男の子。私も一緒に歌って歩いて遊びました。子どもと一緒だと、こういうことが気持ち良くできるので、お得です。
 園庭の右近桜、だいぶ色が変わってきました。桃色が濃くなると、散り時が近い合図です。すべり台後ろの八重桜、今年は咲かないかも知れません…心配です。