すみませんでした

amesumanu2016 今日は年少・年中さんの園外保育。予定だったのですが…朝の急なドタバタ、大変ご迷惑おかけしました。予報は一応「くもり」だったのですが、8時30分を過ぎてパラリと。急遽予定変更となりましたが、ご対応いただき、ありがとうございます。
 この時期には、以前より園外保育を行っている(以前は全学年でした)のです、菖蒲の花を見に。ですが今日のように、途中から雨が落ちる、ということが多くて、誠に悩ましい限りです(下の東屋で暫く雨宿り、という年もありました)。

 菖蒲は日本原産で、江戸時代辺りから田んぼの脇に植えられた(似たような場所から生えていますね)そうです。なので、田園とセットとして、我々(の先祖)も見慣れてきたのでしょうね。花の色が交配によって変わるので、主に武士の趣味として、様々な品種を作ることがブームだったようです。
 花菖蒲は、いのち短い花でもあります。咲いているのは三日間。それが過ぎると、植物園でも植木屋さんが集めて行ってしまいます。

 人の手が入ることによって変わっていく。手を入れるとしても、最終的には見守るしかない。稲と同じ水・同じ土から美しい花を咲かせる。昔の人が花菖蒲へ心を寄せたのも、なんとなく分かる気がします。
 さて、子ども達は園内でそれぞれ活動しています。七夕製作のシーズンです。年少組さんにとっては、今までで「一番大きな物(長いもの)」に取り組むころ。コツコツ作って、その出来上がりの大きさに驚く姿は、大変かわいらしいと思います。
 重ね重ね、今日は直前の予定変更となって、ご迷惑をおかけしました。お迎え、どうぞ宜しくお願いいたします。

玉川大学 田淵先生のページ

NHK「美の壺」