避難訓練

 年度最初の避難訓練を行いました。内容は「地震の時」です。年度最初ということで、「こういうことがあるんだよ」ということを知らしめる・また「こういった事について、今子どもたちはどんな反応をするか」のアセスメントでもあります。実際「いきなり放送が入る」ことに驚く子は(正常な反応と思いますが)いるのです。
 しかし、趣旨からすれば「そういった時に、なるべく冷静に、取るべき行動を取る」というのが望ましいのですから、慣れてもらわねばなりません。

 「部屋で安全を確保し揺れが収まるのを待つ」というタイミングで各保育室を回りましたが、全体として落ち着いて行動できているようでした。もしかしたら既に地震の経験があることで少し慣れているのかも知れません。

 そして偶々なのですが、同日放課後には職員の研修として「池袋防災館」にて地震体験も受けてきました。私たちは東日本大震災の時のことを今でも覚えていますが、考えてみれば今の園児は全員が「震災後に生まれた子」ですものね。体験装置の背景に流れる当時の様子を見ながら、改めて「これが来るかもしれないんだな」と思い、「あードキドキした」では済まない責任を、改めて確認したのでした。

園内の方には別でパスワードをお知らせします。