磨こう

 今年は柿の生り年。ということで子ども達にも沢山分けることができています。先日のお御堂参りで「みがく」という言葉を紹介し、「歯を磨く」「靴を磨く」などの連想をしていましたが、幼稚園からは柿の実を磨いてもらい、「磨くって、こんな変化があるんだ」というのを実感してもらおうと考えたのです。教室で磨いた子もいたし、家に帰ってからの子もいたと思いますが、「子どもの力でこれだけ!」が見えやすい活動であったと思います。


 園長が言うのも何ですが、子ども達が頑張って磨いてくれたこともあり、とても甘くておいしい柿です。どうぞ、ご堪能あれ。