嬉しい「ありがとう」

今日、園庭を歩いていたら、年少組の子から「園長先生、ありがとう!」と言われました。「新しい絵本、買ってくれてありがとう」「ああ、どういたしまして。読んでみた?」「うん、先生が教えてくれた」子どももとても嬉しそうでした。この時期、ささやかながら各クラスに本を増やします。「新しい」物が好きなのは子どもの性質ですが、喜ぶだけでなく「ありがとう」という言葉が自然と出てくるのは、本当に有り難い姿だと思いました。言った本人も言われた側も嬉しくなる。「ありがとう」はそんな貴重な言葉の一つですね。