収穫できたよ!

今日は、年少組・年中組で野菜の収穫がありました。長かった…思えば、遠足の頃に植えた野菜たち。年内には十分収穫できるかと高をくくっていましたが、冬休みも越え、雪も降り、お遊戯会も越えて、ようやく手にすることができました。この時期のものですから大きくはなりません。むしろ、霜などで枯れなかった分、良かったのかと思うばかりです。そして、先ほどお帰りを待つ年少組さんに行ってみました。「よかったね、今日はたくさん取れて。」「うん、僕3本!」(「私も3本!」の声あがる)「みんな、そのまま食べられるかな?バリバリって」「ううん」「煮た方がいいかな?柔らかくなるし」「うん、泥を落としてからだよ」のお返事。その通り!生ではあっても、やはり洗わなければ食べられませんね。見た目はスティックという感じの大根。子ども達が丹精込めて育てましたので、どうぞご賞味下さいませ。 そして、少し心配だったのは、泥に対して嫌悪の気持ちが見られる子がいたこと。手を洗うには冷たい水が辛かろうとは思います。でも、子どもが「汚れるっ!」って心配してか、土が付くのを嫌がっているのは、ちょっと残念な風景でした。来年向けに耕すときにでも、泥の田んぼにして遊んでみたいような…気も…洗えるかな?…とか「いつかできるかも知れないアイデア」として取っておきます。