わくわく!体操デビュー

今日は、「母の日の集い」もあったのですが、年少組さんにとっては「初めての体操の日!」です。今ちょうど、まっさらの体操服を着て、ホールの入り口に並んでいるところです。前回、年長さんの姿を見て、「自分も!」と期待している子が多かったことでしょう。体操は「できるよ!」を糧とし、踏み台にしながら「やってみる!挑戦するぞ」を繰り返していくものです。勿論指導の技術というものはありますが、気持ちと対になっていなければならないと思います。「素敵ね〜、お友達抜かさないで行けるね」と、先生の嬉しそうな声も聞こえてきます。…私も見に行こうっと。体操は、一般にイメージされる「運動」よりも広い概念で考えています。つまり、立ち居振る舞い(姿勢)・並ぶこと(対人距離)も含めているのです。今日はまず、「列になって行動する」がテーマです。今までの「お御堂参り」の時などの様子を見ていると、「クラスとして集団で動く」ことはできているようです。「一周廻って、元の所に戻る」のが今日の目安だと思いますけれど、それが結構大変なのです!集団の中の自分という意識が持てる、という気持ちの面に負うところも大きい体操。今日はたくさん先生にも認めて貰いました。これからも意欲的にいきましょうね。