どうしてる?

 年少さん、今日は幼稚園の4日めです。ということは、年中さんにとって3日目。お兄さん・お姉さんぶりを発揮したくなるころでしょうか。朝の自由遊びの様子を見に行ったら、私と同じように保育室をのぞく姿がありました(サムネイル)。

 

 それぞれ思い思いに好きな遊びを見つけて活動しています。この時期は「新しい場や人との出会いをへて、自分の居場所として安心感を持つ」というのが大きな目標です。自分なりの遊びを見つけて過ごすうちに、漠然と安心感が育っていくのですが、その中で「自分は何をすればいいのか、どう振舞えば良いのか」が分かるのは、自信にもつながるはずです。
 それを助けてくれるのが、お兄さん・お姉さんだったりします。近くにいてくれれば、一つ一つについて「大丈夫だよ」「こっちだよ」などと教えてくれます。この時期「お兄さん・お姉さんに教えてもらった」というのは、心細さをカバーしてくれるもの。園としてもお勧めしたいことです…。もちろん、お兄さん・お姉さんにも「ありがとうね。困っている子を助けてあげられるのは大切なことだよ」と褒めてあげたいところです。