お楽しみ会

 今日は年長組の卒園式総練習…もあったのですが、年少さんは「お楽しみ会」を行っていました。私も総練習が終わってから行ったので全容はわからないのですが、先生たち出演の「赤ずきんちゃん」を見ることができました。(その前には、ジャンケン列車をやったようです。ジャンケンが理解できるのですね!)
 思えば例年は、お誕生日会ごとに先生からの演し物として、何かの劇を行い、園長が参加することもありました。けれど、今年度の年少さんは、一度も「先生方の劇」を見ることなる学年を終える…ことのないように、先生方が企画してくださったのですね。
 さすが「人前で仕事をする」人たちです。子どもたちの視線をちゃんと意識しながら、子どもたちが楽しめる仕掛けを沢山入れながら演じてくれました。年少さんらしくて可愛いなと感じたのは、「オオカミが怖いから、外で見る」と言った子がいたことです。職員室の窓越しに、先生に付き添ってもらいながら見ていました。
 物語を受け取るのはもちろんのこと、「演じるのは楽しいよ」というメッセージも、同時に伝わったのではないかと思います。