この店は、私が守る!

 今日は「お買い物ごっこ」の2日目。前回の経験を踏まえて、子ども達の動きにもいろいろ工夫が凝らされているようです。終わった後の先生の振り返りでも、色んな意見が出ました。それについては別の機会に。
 さて、開催中1時間の間には、担任の先生が部屋を空ける時間帯があります。買い物に行っている子たちの様子を見たり、子ども達と振り返りをする情報収集もしなくてはなりません。
 そんな年長組の部屋で、子ども達が責任感を持って「おみせ」を切り盛りしている姿を見ました。年長となると「下さいな」「はい、10円です」「ありがとう」だけではないコミュニケーションがありますから、やりとりも多くなり、お客さんとの応対も結構大変なようです。小さい子に分かりやすく説明するのも、気を遣うことでしょう。
 なので「あー今日は首が疲れた〜」とか言っていた子がいたのですが、その後もお客さんが来ると、明るく接していてくれました。「相手の身になって接する」というのはなかなか高い目標とは思いますが、それがしっかりできている姿だと感じました。有難し。