本気で行こう

 運動会が終わってから、各クラスごとの懇談会を行っています。今年度はコロナ禍のせいで「クラスみんなの保護者が集まって」という機会が持てませんでした(持っても最低限でした)。そこで、特に年少組の担任から要望があり、開催することにしました。
 通常ですと、遠足やクラス会でお近づきになる機会を設けるのですが、今回は「子どもと一緒に楽しみながら、保護者同士の親交を図る」として、主に園庭でピクニック気分を味わっていただいております。
 「マスクをしていないお顔は初めてです…」という方もあり(年少さんであれば)、「なるべく突っ込みどころを用意して自己紹介してください」というリクエストもあり、親子でチームになって汗を流すシーンもあり、「お弁当が終わって、子どもたちが何時の間にか遊びに行ってしまった…」と、なかなか盛り沢山で楽しんでいただいております。
 写真は年少組さんで、「親子で玉入れ」を行いました。第1回戦で「カゴを同じ高さ」にしたら、お母さん方の圧勝。カゴを差別化した2回戦(子どもには練習用の低いカゴを出し、保護者側は思いっきり高く上げました)では、子どもたちの勝ち。男子(+その保護者)と女子(+その保護者)で行った第3回戦が、一番盛り上がりました。けれど、その中で「子どもにとってはカゴってこんなに高いのねぇ」というのを実感していただけたのは、園長として嬉しかったです。
 ともあれ、どのクラスも穏やかに(一部は白熱し…年長さんのリレーとか)親睦を図っていただけたようで、とても良かったです。今後このような機会を持てるかどうかは分かりませんが、「今年ならでは」の思い出になったのではないでしょうか?