いろんな楽しみ方

 今日は、お餅つきから明けての月曜日。お御堂参りは年長さんで、「さすがの落ち着き」を見せてくれました。「垣根はここにある」とか「今咲いているのは山茶花。椿はその後」とか話しながら、昔話もしっとりとした「笠地蔵」。見学していらしたお母さん方も、「落ち着いて聞いていられるものですね」と感心されていました。
 さて、お餅つきは予定通り土曜日に行ったものの、少し雨が降っていたため、今日に延期したものがありました…「顔はめパネル」です。
 元々は、「園内で見学してまわり、各所でスタンプを集め、最後に写真を撮って帰る」という流れを考えていたのですが、内容も変わり、天候もあって、今日からスタートとし、一週間出しておくことにしたものです。
 実際、先生方の結構な力作です!子どもたちにちょうど良い高さ、モチーフも「おもちつき・年末」らしく完成しています。ただ紙製ですので強度は推して知るべし。強風や雨には弱い(そして弄られるのにも弱い)ので、状況によっては建物内にしまうこともあり得ます。どうぞ使ってくださいね。ただしお早めに。来年も使おうと目論んでおりますゆえ。
 「食べる」ことを諦めた(解放された?)からこそ、「子どもたちに楽しい思い出を」というところに力が回ったのかなぁとさえ、感じたりします。