講演会を拝聴して

今日は、本年2回目の講演会。講師は前回と同じく吉田恭子先生でした。6月の時は在園児の保護者中心でしたが、今回はたんぽぽぐみ&未就園の保護者の方々がメインで行いました。そのため、午後の保育のない水曜日、子ども達は職員がお預かりしての開催となりました。先生はとても忙しくていらっしゃる方ですが、毎回新しい話、リアルタイムで感じたこと、考えたことなどをお話下さるのがとても素晴らしいと思います。今回も、「生まれたときの話をしてあげよう」「子どもは繰り返すのが仕事」と、講演内容を常にアップデートされている姿に感激いたしました。2回の講演会で共通して感じるのは、「一人で子育てをする大変さを、何とか軽減してあげたい」という思いです。現代の子育て環境は、もちろん現代社会総体に規定されているものですから、一部分だけどうこう、というのが難しいのは分かります。しかし、だからと言って諦める訳にはいかない。どうにか不安を軽減し、「子育てって、楽しい☆ミ」と感じられるようにしたい。それこそが「子育てを支援する」という事だと思います。講演後、先生とお話する中で、今後幼稚園ができる「子育て支援」についてあれこれお話しました。示唆に富んだ、楽しい時間でした。できる事から具体化していこうと思いました。お忙しい中、また子どものお昼寝の時間に近かったこともあり、園まで来るのも大変だったと思いますが、改めて皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。