健診

 先日から、健診が始まっています…さて、この「健診」ですが「検診」もありますね。アレっと思って調べたら、意味が違うんだそうです。「健診」は「健康状態を確認し、病気を予防する」ことで、一方「検診」は「特定の病気を発見するために行う検査」だそうです。幼稚園で行っているのは「健康診断」ですね。

 幼稚園にお医者さんがお越しになる、ということで先生方も若干緊張するようです。また、特に年少組さんはビックリしたり不安になったりすることもあります。そんな中でスムーズに健診を進めるのは、なかなか難しい点もあるようです。「忍者になって(静かに)行こうね」とか。
 年長組さんは、予め視力検査も行っていました。先生がランドルト環を見せながら(サムネイル参照)子ども達が指で「開いている方」を指すのですが、思わず言葉が出ちゃうのですね。「上!上!」とか。私も苦笑しながら「声に出してしまうと、それを聞いて分かるでしょう。それでは耳の検査になってしまうから、声は使わないで指で答えてね」と話しました。するとすぐに理解して声が止んだのは、さすが年長組というところです。

 そうそう、文京区役所からお知らせがあったのですが「本年度より、よい歯の顕彰はなくなります」とのこと。以前は勲章よろしく名札にたくさんつけている子もいましたが、これからはもらえないそうです…。