明照幼稚園

お参りすること

1月 31st, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿
 引き続き「やもりん」ばなしです。
 早速お参りに行く、というので私も付いて行きました。お墓は、普段「立ち入り禁止ゾーン」…というか子どもが自ら足を運ぶ場所ではありませんので、そこでどんなことを感じるのかな?について、興味もありました。
 入るとすぐに、指を口にあてて「シー」としています。やはり「特別な場所」という感じがあるのでしょうね。そして霜柱(今朝も大量です)をザクザク踏みながら歩いて行きます。子ども達が選んだのは、大きな桜の根元でした。
 「ああ、これは桜の木だね」と言うと、「今は花がないけどね」「やもりんの木っていう名前にしよう」…いろんな思いが沸いてくる様子でした。
 そしてみんなで手を合わせて、お祈りしました。「今日も私達みんな、楽しく過ごせますように」と。暫くして、担任の先生が言いました「さぁ、今日も一日元気に行こう!」。「おー!」という感じでみんな戻っていきました。
何かの光景に似ている…

「これは、朝、お仏壇にお参りして出かけるのと、同じではないか?」

笑い事じゃありません。先生も子ども達も、まったく自然にそうなっていました。みんなで気持ちを一つにし、お参りして、気持ちを切り替えるきっかけにする。まさしく、「朝のお参り」にはそのような働きがあるのです。
 現代は「思い通りになることが増えた」ゆえに「気持ちの切り替え、諦め」が付きにくくなっており、それゆえ苦しんでいる人が多いと感じます。。けれど、昔の人だって、やはり何らかの手段で気持ちを切り替えていたのではないかと思います。その一つとして、「朝、お仏壇にお参りしてから出かける」があると思うのです。



▼ スマホで見る

お参りすること

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.