明照幼稚園

みんなで見直そう

10月 18th, 2017 | Posted by Sato in 保育論 |
 今日は水曜日で子ども達は午前保育…だったのですが、先生方はその後、研修を行いました。29年になって「幼稚園教育要領」が改訂されたので、それへの対応を考えているのです。今回、大きな目玉は「幼稚園教育において育みたい資質能力および”幼児期のおわりまでに育ってほしい姿”」として10の項目が示されたことです。
 従前は「5領域」と呼ぶ、「健康・人間関係・環境・言葉・表現」の項目で示されていたのですが、やや横断的に、そして並べ替えられての提示をされました。
 内容的には大きく変わるものではないと思うのですが、「子どもの姿」や「育ち・願い」の視点・整理の仕方が少し変わるのかなと捉えています。
 幼稚園では、日々カリキュラムをたてて保育を行っていますが、それははやり定期的に見直す必要があるのだろうと思います。そして、園長が入園説明会などでお話しする「明照幼稚園のものの考え方・大切にしていること」も見直す必要がある。
 今日は幼稚園の教育目的である「人生を楽しみ、主体的に社会を作っていく子ども」ということと、目標の1つである「器用に生活できる」という文言について、職員全体でイメージの共有を行いました。このような事は、やはり時折行うべきで、年度初めに施政方針として話してはいるのですが、「分かっておいてね、あとは各自で」的な扱いの部分もあり、改めてそれぞれの理解や疑問点を聞いていくと、イメージがより明確になったり、他のこととの繋がりが見えたりするのです。
 ここから日々の保育への組み立ては、「抽象的→具体化」の長い道のりですが、「ここはぜひ園として押さえよう」を共有することで、却って判断基準が明確になり、自由度が高くなることも期待しています。足腰を固めるような感じでしょうか。
 まだ時間のかかる作業とは思いますが、文科省の考える幼児教育も理解し実践しつつ、明照幼稚園の大事にしてきたことは守っていきたいと考えています。


▼ スマホで見る

みんなで見直そう

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.