明照幼稚園

!とか〜とか。

4月 18th, 2012 | Posted by admin in 保育論
ふっと4月からのブログタイトルを見直していたら、「!」などの感情を表す記号が沢山使われているなぁと感じました。ようやく始まった今年度の、勢いとか嬉しさを表したかったんだろうと思います。そして、ここからは務めて理性的な話を。 ◎私は元々、教育学部の小学校社会科専攻で、歴史学教室に属していました。そんな縁から、江戸博にたくさん先輩・友達がいるのですが、最近になって「江戸の教育」について少し勉強を始めました。明治維新をなしとげた土台には、江戸の教育による力があるのではないか、と思ったからです(「志」を強調する方が多いですが、気持ちは原動力はなっても、それだけで何事かが実現する訳ではないのです)。そうしたら、すごいですね。江戸時代や明治初期に日本へ来た外国の方は、「日本は教育がスゴイ。子どものしつけや教育も優れている」と驚いているのです。その時代に海外に行く人たちですから、それなりに教養も実力もある方でしょう。江戸の教育は世界的に高く評価されていたのです。◎その辺りに、もしかしたら今後の子育ての手助け・手引きになる事が埋まっているのではないかと思うのです。私たちの先祖が持っていた知的好奇心や分別、礼儀や知恵といったもので現代を測定すると、きっと見えてくるものがあるのではないかと思います。

▼ スマホで見る

!とか〜とか。

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.