明照幼稚園

連続性…

7月 28th, 2008 | Posted by admin in 保育論
今回の、学習指導要領の改訂では、「小学校との連携」ということが謳われています。今日は幼稚園の園長先生方の研修会があり、この点について、活発な議論に参加(…聞いて)来ました。 事の発端は、いわゆる「小一プロブレム」、つまり小学校入学前と小学校での生活のギャップの大きさを、どう捉えて軟着陸していくか…ということなのですが、一方幼稚園でも「小学校とは違いますから」「特定の学校入学のための機関ではありませんから」と、連続性というものを重視してこなかった経緯があると思います。でも、「年中さんになったら…」「年長さんになったら…」と同じトーンで、「小学校になったら…」という期待を子ども達に持って貰うのはとても大切なことだと思います。「自分も大きくなったんだ」という喜びと共に、更に先を期待する。そんな夢を持ってもらいたいものです。そして勿論、人生を貫く大切なこと…姿勢を正しくしたり、思いやりを持ったり、知ることを楽しむこと…「何歳だから」に関係なく、味わって欲しいことも沢山あります。今日びは、その辺りの価値観を、幼稚園と学校、お互い声に出して共有していくのが大切なのだろうと思います。「学び」の連続性というけれど、もっと大切な「人生の連続性」をつけていきたい、という事です。

▼ スマホで見る

連続性…

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.