明照幼稚園

考えるアスレチック

8月 22nd, 2011 | Posted by admin in 保育論
先日、裾野市にある、某遊園地へ行ってきました。近くのスーパーでチラシを配布していて、以前から関心があったのですが、そこの「考えるアスレチック」に、とてもひかれていたのです。現地は高地。霧がかっていて、観覧車の外は一面真っ白だったりして不思議な空間でしたが、この「考えるアスレチック」、大層楽しそうでした。迷路をはじめ、目的は単純なのですが、どうやって体を操りクリアしていくか?それこそ知恵を必要とする感じでした。勿論試行錯誤・粘り・時には親の助けが必要です(その点、混んでいてじっくり考えたり見通しを立てる時間が欲しかったです)。年少組さんには難しいと思いますが、年長組〜小学生辺りにはベストマッチではないかと感じました。あぁ、ウチの園庭にも欲しいなぁ…。メンテナンスとか管理(自己責任ですから)とか大変そうだなぁ…。遠足で来るか?遠すぎるし…。とか、職業柄いろんな視点で見てしまいました。「これだけのために、富士山の麓まで行く」にはコストがかかりすぎですが、サファリパークか御殿場アウトレットと絡めれば家族でもいいかも…という感じです。


▼ スマホで見る

考えるアスレチック

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.