明照幼稚園

父親講演会

7月 17th, 2011 | Posted by admin in 保育論
私も3児の父であります。今日はお茶の水で開かれた、父親向け講演会へ行って来ました。まず会場前で(直射日光バンバンです)、若いスタッフが立っていたのに感心しました。会場ビルの前ですから、場所を案内しているのではないのです。「暑い中、ありがとうございます!」というメッセージを伝えるために立っていたのでした。受付でも、会場案内でも同様のことを感じました。気持ちが盛り上がりますね。年中以上の明照幼稚園のお母さん方は、「母親だからできること」を聴いた方が多いと思いますが、今日は反対の「男性限定・父親だからできること」でした。女性のスタッフも同様に会場の外へ出されていたようです(未確認)。やっぱり沢山笑わせて頂きましたが、スゴイのは父親・母親どちらにも媚びていないというか、齟齬がないところです(2人揃って聞きに行くのは止めた方がいいと思いますが…)。「日常を切り取り、その中にある本質に迫っていく」という意味で落語に似た感覚があったのが興味深いです。また、日曜日ということもあり、服装が全体的にラフ、その割にお喋りが全然ないところが、母親講演会と違った雰囲気を醸し出していました。楽しかったです。


▼ スマホで見る

父親講演会

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.