明照幼稚園

憂慮

6月 18th, 2010 | Posted by admin in 保育論
今日の午後、先生方は大年先生との研修会…だったのですが、私は私で園長・経営者の研修会がありました。で、そこに出てくるテーマというかデータの重いこと…小・中学生の不登校が12万7千人、ニート80万人、うつ病患者さんが104万人。現在の日本経済も決して明るくないと思いますが、人間の方も同様だなと…。で、幼稚園(教育機関)が、これに何かできないかと。「最初の学校」でもあり、家族の影というか影響の大きい中での「社会への第一歩」たる幼稚園は、やはり人間の社会観・人生観に大きく作用するはずで、そこを大切にした教育とはどんなものか?それこそ取り組まなければならない問題ではないのか?という話でした。 それはまた、追々綴る積もりでおりますが、偶然知り合いの園長先生にお会いしました。何だか縁のある方で、園長になったのも私と一緒、勉強も一緒になったことのある方です。「お互い、近くに行くことがあったら見学しようね」と話して別れました。この業界、女性の園長先生が多いので、同世代・同性の先生がいることはとても嬉しく感じるのです。子育て世代でもありますし、リアルに「家庭」を視野に入れた幼稚園経営を考えて行ければ、と思っています。

▼ スマホで見る

憂慮

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.