明照幼稚園

だから粘土なのか!?

11月 11th, 2012 | Posted by admin in 保育論
今日は午前中は小石川マルシェにちょっと顔を出し、午後は佐倉の「歴民博」=歴史民俗博物館へ行ってきました。たしか中学生の時以来ですから30年ぶりというところでしょうか。いやー楽しいですね。ボタンを押すのも好きなんですが、見るのも大好きです。まずはお約束で縄文式土器から始まるのですが、ずーっと見ていって室町頃に、やはり土器が展示されているのです。 「んんっ?」ふと思いました。縄文時代は今から約16,000年前です。それから恐らく15,000年位は、日本人だれもが土器を作っていたのではないでしょうか。確かに色んな造形があったり、薄手になったり、釉薬が開発されていったりと変化しているのですが、私たちの祖先は多分、粘土をこねて道具を作り、それで生活していたのでありましょう。 だから、「幼児が粘土遊びをすると落ち着く姿が見られる」のではないでしょうか。「お母さんの心音を聞くと落ち着く」に似た感じで。「常識!」なのかも知れませんが、気づいたのが嬉しく、書き込みさせていただきます。

▼ スマホで見る

だから粘土なのか!?

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.