明照幼稚園

同じ話を

9月 25th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 |

いもとようこ「さるじぞう」より

 お彼岸の中日(秋分の日)を越えて今日はお天気もよく、子ども達も気持ち良く登園してきたのではないかと思います。週末は、(土曜日に重なった故でしょうが)「運動会が延期になった」小学生達が、お昼頃から結構遊びに来ていました。「あらあら、お墓参りには行かないの?」という感じなのですが、どうも東京に限った話ではなく、地方でも「土曜日に運動会を予定していたが、順延になった」との話も聞きました。「国民の祝日」に行事を宛てるのって、どうなんでしょうか…?
 さて今日はお御堂参り。「さる地蔵」として紹介されていた昔話をしました。
 サルたちからお地蔵さんだと勘違いされたお爺さん。サルの里へ運ばれていきます。途中で川を越えるのですが、その時のかけ声が楽しいのです。「お猿のお尻は濡らしても お地蔵さんは濡らすなよ お猿のおへそは濡らしても お地蔵さんは濡らすなよ」。何とものどかな物なのですが、子ども達は(伝統的に)この部分が好きです。歌詞にしても調子にしても。
 前の園長が好きで、よく話していました。山場に差し掛かると、「どう?面白いでしょう?」と、まさに子どものような顔でニコッと笑います。それに連れて笑い出す子も多かったです。(…ちなみに前園長、元気にしていますよ。)そう言えば、私の今の節も、彼のものと同じ。これだけ変化の激しい時代に変わらず通用しているのですから、かなり普遍的なものなのだろうと思います。
 もしもお家で子ども達がやり始めたら、理事長の笑顔から始まっているんだな…と見てやって下さい。


▼ スマホで見る

同じ話を

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.