明照幼稚園

プールのシーズン

7月 2nd, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿
 今年は梅雨明けが早かったようで、バッチリとプール活動を行っています。お寺の敷地内であることをさいわいに、それなりの大きさ…場所も騒ぎ声も…で行っております。
 お手伝いに来て頂いている先生にお伺いすると、「丸形の家庭用プールをたくさん出している所はありますが、こちらのプールは結構本格的ですね」とのこと。「一年中プール指導があります!」という風なアピールポイントにしている訳ではありませんが、園児数に対しても「それなりな」広さの準備ができていると思います。
 と言いますのは、幼稚園では「25m泳ごう」といった目標ではなく、「水が多少顔にかかっても気にせず遊べる」「水の中に顔が浸かっても慌てない」「水中では息を堪えることができる」などがねらいだからです。つまり、「顔を水につけて、ある程度動ける」程度の広さ。
 2年ほど前から「午前保育だけれども時間を延長」してお帰りを遅くし、時間的にも余裕が持てるようになりました。いろんな方のご意見をいただき、子ども達の様子も見ながらの決断でしたが、概ね好評であると思います。
 先程、年長組でお手伝い頂いているお母さんが、「まぁ2年間で、随分と変わるものですね」と仰っていました。年少組の頃は怖々水に入っていた子が、大声をあげて水掛けっこをしている。水鉄砲で大人を狙っている。園長に投げられても「もう一回!」と笑顔でやって来る。
 年少さんは、「疲れてお帰りにはコックリ」の子もいたようです。そんな子でも、恐らく2年後は大きく成長しているのでしょう。
 どんなドラマがあるのか、今年も楽しみです。


▼ スマホで見る

プールのシーズン

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.