明照幼稚園

コンサート体験

6月 14th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿
 いささか旧聞になってしまいましたが、14日は文京区私立幼稚園の「人形劇を見る会」で、年中・年長さんはコンサートに行きました。もう40年以上も続いている行事で、逆算すると園長も初期には参加したのかも…?というものです(当時は日比谷公会堂だったそうです)。
 例年いろんな演し物があるのですが、今回はコンサートでした。元々保育関係の方ですので、歌と言っても手遊びのついたもの・遊びになっているものが大半。運良く砂かぶり席だったこともあり、ロビーのホワイエに設置されたモニターでは、ピョンピョン跳ねている後ろ姿が映っていました(笑)。
 子ども達、非常に楽しんだだろうとは思うのですが、同時に「2階席だったら辛かったな」という思いもしました。ローテーションで回るものですので致し方ないですが、来年は多分2階になります。
 さきほど職員室に、コンサートで聞いた歌(手遊び)がピアノの伴奏付きで聞こえてきました。年少組だと思うのですが、早速活かしてくれているようです。手遊びというのは、歌だけのケースも多いのですが、伴奏がつくと子ども達も歌いやすい面があるようです。コンサートではギターを使っていました。ギターいいなぁ。私もウクレレ出してこようかしら。でも、出しやすいコードが違うので移調必至…。
 ともあれ先生方も「あの時の譜面が…CDが…」という声も聞こえてきているので、子ども達も熱いうちにポチッとします。


▼ スマホで見る

コンサート体験

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.