明照幼稚園

子ども達の諸相

4月 23rd, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿
 月曜日はお御堂参り。まだまだ「短く・笑えて・ほめられる」を基準に選んで、「カエルとうし」にしました。何ともストレートで、「ああ、あの話ね」とポピュラーなのですが、これイソップなのです。
 ブログを辿っていたら、3年前の同じ時期にも同じ話をしていました。お釈迦様もそうですけれど、「たとえ話」って命が長いのですね。
 それだけに、小学校1年生の教科書にも載っているのだそうです。指導の手引きとして「カエルはバカだなぁ」とかで終わらせてはいけないよ…などと書かれていました(時代を反映してか、性別とか親子関係は消されています)。フーム…。次々に流れていくオタマジャクシを眺めていると、「君たちは、すぐ近くに穴が空いているというのに、気付かず真っ直ぐ進んでしまったりするんだねぇ…はぁ、お馬鹿さんというか、何というか…直前まで分からないんだよねぇ」とか、生き物としての哀れ(あはれ)を感じたりします。

 あ、排水溝にネットを設置しましたので、万一あふれている様子があったら、教えて下さいね。

 子ども達は、各々だいぶ新しい環境に慣れてきたようです。年少さんも、座って話を聞けるタイミングができてきました。お帰りの時、順番を待つこともできます。年中さんの、真剣にハサミを使う姿は、自分の居場所あってのことでしょう。そして、年長さんは自分達で作った鯉幟を揚げるお手伝いもしていました。みんなで見上げて、空をおよぐ姿を楽しみに見ています。
 実際、4月は「幼稚園に慣れる」というのが一大テーマです。そうして自分なりに安心することで、好奇心がムクムクと働き出すのでしょう。
 これからも、いろんな働きかけや絡みがありつつ、活気ある暮らしが展開されていくことと思います。

▼ スマホで見る

子ども達の諸相

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.