明照幼稚園

気になるなぁ!

2月 7th, 2013 | Posted by admin in 日々の姿
年中組さん、今日の主活動は「チーズケーキ作り」です。朝からエプロンをして張り切って材料を混ぜていました。そして、オーブンの中の様子に興味津々。先生が「膨らんでくるよ」と声を掛けると、うんうんと嬉しそうに頷いていました。 焼き上がるのはオーブンと先生にお任せするのですが、「自分達が関わった」というのはやはり大きな意味を持っています。どうなるのかな?おいしくできるのかな?当たり前ですが拘りを持って行方を見守っています。 人間誰しもそうですが、「自分の関わったもの」には(仏教的に言うと)執着が生まれます。それが人間の努力の元になったりするのですが、同時に私たちを振り回してしまうこともあります。「自分の言ったこと」つまり過去の自分に執着することを一貫性とか責任とか評価して、時には頑なになったりさえします。 しかし、物事は何でも変わっていきます。ケーキも食べてしまえばおしまいですし、食べなかったら意味がありません。拘って作ったからと言って、食べないでいたら腐ってしまいます。そう、物事は消化し客観視してゆくのが執着から離れる道なのだろうと思います。「ああ、僕はあそこに執着していたんだな。」それが分かると、心に落ち着きが出てくるのですから、人間というものはよくできたものですね。

▼ スマホで見る

気になるなぁ!

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.