明照幼稚園

投げてぇ

9月 25th, 2015 | Posted by Sato in 日々の姿
kago 今日は生憎のお天気。そんな中、幼稚園にみんな来てくれたのですから、先生方も張り切って迎えました。今週2日目ではありますが、早くも金曜日。今は年中さんが体操しています。
 その隣で、年少さんが「玉入れごっこ」をしていました。先生の「投げてぇ」という声が響きます(手に持つことで満足する子が結構いるのです)。何年か前にも書いたのですが、競技として「玉入れ」が成立するまでは、結構いろんなプロセスがあります。「クラス競技」というのも初めてなのですから、ともかく「時間制限」とか「勝った・負けた」自体が生涯初めて、という子もいるのです。なので年少組は、本質的に「入場から退場まで、お兄さん・お姉さんと同じように出来た」ことが一番価値あることなのです。「どのクラスが勝つか」には余り意味が無いのです(園長として)。担任や周りが本気で応援するのは、「本気で取り組む」ことを示すためです。
 ですので、保護者の皆様、年少組については是非!ビデオを撮るなら「入場から退場まで」を、そして拍手を贈るなら「入場にも拍手、競技にも拍手、退場にも拍手」でお願いしたいと存じます。勿論、「手が疲れたら休み休み」です。
matt そうそう、年中さんの体操ですが、なかなか迫力のある写真が撮れました。一瞬の表情にも、年少組の頃とは異なる真剣さが見られます。

▼ スマホで見る

投げてぇ

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.