明照幼稚園

嬉しい花まつり

4月 14th, 2015 | Posted by Sato in 日々の姿
hanamatu1 今朝、年少組さんのお母さんと立ち話していたら、嬉しいエピソードを聞かせて下さいました。
「花まつりの時、園長先生が舞台上でお祈りをしていた、その様子を事細かに話してくれたんですよ」というのです。
 思い出してみると、マッチをすってロウソクに灯し、お線香を付けます。そしてまっすぐ座って合掌。そこへ子ども達がやってきて、献茶(甘茶かけ)、献花してくれるのです。お線香がつくとすぐに「わぁ、いい匂い」と呟きが聞こえました。いつも書いていることですが、呟きは心のダダ漏れ。ちょっと耳をそばだてると、心の動きが聞こえてきます。
 それはさておき、子ども達にとっては、きっと珍しい光景だったのでしょう。ひとつひとつの私の行動を、お母さんに報告してくれたのだそうです。お寺の関係では、「家にお仏壇がある」確率はかなり高いのですが、幼稚園のご家庭ではどうなのでしょうか…。ともあれ、「目の前に居ない人に思いを馳せる」経験は、すぐにはピンと来ないでしょうけれど、いずれ人生を支えてくれる可能性は大きいと思います。そんな種まきを、子どもなりに受け取ってくれた。私としても、とても嬉しいお話でした。

 今後も、朝は大抵いちょうの木の下におりますので、お子さんの様子等、お気軽にお話し下さいね。



▼ スマホで見る

嬉しい花まつり

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.