明照幼稚園

ホールでアスレチック

4月 11th, 2012 | Posted by admin in 日々の姿
昨日は、年少組のクラス会、お疲れ様でした。年度初めということで、長時間になってしまい、ご迷惑をおかけいたしました。改めてどうぞ宜しくお願いいたします。今日は、少し雨が降っていましたが年少さんはホールで体操器具を出して遊びました。子ども達は体を動かすのが本能的に好きですね。そして体が動くことで、心も解けていくのが、表情を見ていて感じられます。◎現代は道も整備され、平坦だったり歩きやすい場所が多いですが、生き物というスパンから考えればそれは「ほんの」100年足らずの事。きっと本来は、「でこぼこの道を上手に歩く」という命題に取り組むべき時期なのだろうと思います。そんな中で、体のバランスをとり、筋肉を細かく・器用に働かせていく回路を養っているのだろうと思います。体が小さく、軽いことは、要するに「ケガをしても軽い」という事ではないかと思います。いろんな場所を経験して、幅広い対応のできる子に育って欲しいと思います。「高いのが怖い」という子もいることでしょう。これは防衛本能ですが、経験によって「大丈夫だ」の範囲を広げていくのが大切です。大きくなってからそれを行うのは、なかなか大変な事のようです。

▼ スマホで見る

ホールでアスレチック

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.