明照幼稚園

目鼻がつく、目がつく

7月 20th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事
 今日は幼稚園の終業式ですけれど、最後の一瞬まで「幼稚園を遊び尽くす!」という勢いで、式はきちんと静かに参加して、終わってからの園庭遊びはまさに「笑顔の花盛り」でした。
 そんな中、女の子が持って来てくれたオクラ…には目がついていました!かわいい!「どうしたの、それ?」「自分で作ってきた」とのこと。
 すでに人だかりができている机まで行くと、先生がペンとかシールを出して使わせてくれているのでした。オクラに留まらず、ナスだの銀杏だのいろいろと…。本当は食物ではあるのですが、「おもちゃにする」、その仕掛けを先生が行ったのですね。
 思えばこれ、夏休みの最もお手軽な自由研究の1つと言えそうです。どこかで見つけた物に、構わず「目」を付けてみる。生ものであれば、写真に残す。たくさん作るうちに、思わぬ発見があるかも知れません。
 終業式では、「一学期のあいだ、いろんな事ができるようになりましたね、ぜひそれを種として、好きな事を沢山してみて、楽しんで。気がつくと上達していると思いますよ」ということを話しました。手先の器用さにしても、運動にしても、人間関係調整にしても。一学期の種を、夏休みという畑で、大きく育ててあげて頂きたいと思います。

(おまけ)
シミュラクラ現象(3つの穴が空いていると、顔に見えてくる)の一歩手前でしょうか、目さえあれば顔に見えるのですから、我々よっぽど「他者の顔を気にして生きてきた」のだろうな〜と思います。(多分)生き延びるため、我々のご先祖が長い時間をかけて習得した習性なのでしょうね、それこそ言語より以前の。感慨深いです。

▼ スマホで見る

目鼻がつく、目がつく

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.