明照幼稚園

参観の効果

6月 13th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事
 さて、幼稚園の参観も終わりました。お忙しい中、沢山の方にお越しいただき、ありがとうございました。特に今年は、お父さん方にも多数おいでいただき、子ども達も嬉しかったことと思います。
 そう、昨日「小学生は恥ずかしがり」と書いたのと対照的に、幼稚園児は「見て見て!」に喜びを感じます。それは、「何をやっても、どんな結果でも」親や私達は「学びの元ですから」という評価をし、結果を受容してあげられるからではないかと思います。
 年少組では「言葉の時間」をやっていました。文字のカードを見て、「読めた」と思ったことを表現する。答えを示して貰って、当たりで喜ぶ。「読める(理解し、アウトプットできる)という嬉しさ」をストレートに表現している瞬間です。
 年中組は、今日の製作の説明を聞いているところでした。形が対称形に近いので、注意深く見て作らなければなりません。子ども達の姿勢が少し前傾になっていること、写真に出ているでしょうか。「良い姿勢で聞くことは、確かに頭によいことだ」というのも、今では科学的に実証されているそうです(あやふやな言い方でゴメンナサイ)。
 年長組は、もう自分達でやっている事を、親御さん方は見守るというのが主なスタイルでしょうか。岡目八目で傍から見ていると「あー、もっと効率的合理的にできるのに…」「あそこ、残してるみたい」とかいろいろ気になるのですが、「子どもの学びは試行錯誤。試行錯誤した事ほど、長く深く記憶に止まる」ということで、安易に手を出さずにいて下さっているのでしょう。
 それにしても、子ども達。親御さんが来ていらしたことで、多少の緊張感というか「いつもと違うぞ」感(幼稚園の生活として、ですよ)を感じていたようです。現在、園庭で走り回る子多数。ホースの水まきでビショビショの子もあり。コンサートを終えたミュージシャンが、舞台袖で出しているような歓声が、あがっております。


▼ スマホで見る

参観の効果

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.