明照幼稚園

選曲すること

7月 4th, 2015 | Posted by Sato in 行事
kai 今日は、6月・7月うまれのお誕生日会でした。足下の悪い中、たいへん大勢のお客様にお越しいただき、みんなのお誕生日を祝っていただきました。ありがとうございます。「何があるから、何ができるから、テストで何点とったから」ではなく、何の条件付けもなく、4歳・5歳・6歳を迎えた事それ自体をお祝いしてもらう。ひとつの社会の構成員として認められる。大袈裟ですが、そのストーリーがあっての「お誕生日会」なのだと思います。
 今回も、お父さん・お母さん方が素敵な歌を披露して下さいました。それぞれにご予定もある中、また短い練習期間・機会の中で作り上げて下さったこと、本当に有難いと思います。「想いを形にする」というのは、モノに限らず大切な事と思います。私達はテレパスではないのですから。
 毎回、2曲を選んでいただきますが、その選曲にも親御さんの色んな想いが表れます。たくさんある中から絞るとき、「自分は何を最も大切にしているのか」と向き合い、その答えとして何かを選ぶからです。専門学校生の見学(私が、幼稚園というものを紹介する)の時も、歌を一曲と映像を一本流します。曲は「恋におちたら(Crystal Kay)」、映像はとある時計会社のCMを使っています。歌は、初めて聴いたときでさえ、ふっと歌詞が耳に残ることがあります。どこが?というのは人によって異なるでしょうけれど、それはやはり、自分の心が反応している・求めている言葉なのだと思います。

あなたが笑えば誰かも笑うこと
乗り越えれば強くなること
ひとつひとつがあなたになる
道は続くよ

今日聞いた、この歌声が、誰かの一生を支えてくれる可能性が、あるのです。ありがとうございました。



▼ スマホで見る

選曲すること

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.